ブランド好きな元マドンナの現在

高校時代の同級生の話ですが、どうも性風俗産業で働いているらしいのです。もちろん職業に貴賤はありませんから、それに対してどうのこうのと言うつもりはありません。しかし、性風俗業を嬉々として働く人も少ないでしょう。出来ることなら避けたいというのが本音ではないでしょうか。それが避けられないということは、それ相応の理由があるということですよね。同級生の抱えていた理由は、多額の借金のようなのです。

同級生は高校時代から割と派手めな格好をしており、男子生徒からも一目を置かれる存在だったと記憶しています。さらには大学生と付き合ったりしているという噂もあり、当時から早熟な性格だったようですね。

そして今でも思い出すのが、色々なブランド物を持っていたということです。バッグはもちろんですが、財布や化粧ポーチ、挙句は手帳までもがブランド物だったのには驚かされましたね。誰に買ってもらうのか、どのようにして入手しているのかは怖くて聞けませんでしたが、何らかの方法で集めていたのでしょうね。

こうして派手で楽しそうな生活を送っていた同級生なのですが、どうやらその後もその傾向は変わらなかったようですね。私の所には来ませんでしたが、他の子の所には借金のお願いが結構来ていたようです。もちろんみんな断ったそうですけどね。

同級生は当時既婚者だったそうですが、借金が原因で離婚をしてしまったようです。そして手元に残った借金を返済するべく、身体を売る商売に就いたようなんですよね。

自業自得と言えばそれまでですが、借金さえしなければ離婚も身体を売るようなことも無かったわけです。やはり身の丈に合った生活が重要なんだなと、色褪せた部屋着を着た自分を見ながらしみじみと思いますね。

債務整理が得意な法律事務所はこのサイトに書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です