野菜の持つパワーってすごい

アブラナ科の野菜に含まれる「イソチアシアネート」はガン予防に効果があるということで、今注目を浴びているようです。

主に大根、そしてキャベツに多く含まれているそうです。

食欲増進や殺菌作用もあるようで、最近私も食するようになりました。特に大根は今の時期にぴったりの野菜ですし購入しやすく、我が家でも時々食卓に上る野菜です。

その「イソチアシアネート」ですが、細かく切れば切るほど流失率が高いのだそうです。

なので、キャベツでしたら、千切りにしサラダにすると良いようです。どうしても加熱をするとその効能が薄れてしまうことが多いので、ザクザク切って食べると他にビタミンCやビタミンUも摂れるのが魅力です。

食物繊維やカリウム等も含まれているので、栄養が豊富な野菜です。他に「スルフォラファン」という酵素も解毒作用があったり、他に抗酸化作用、そしてなんといってもガン予防になるようです。

主にアスパラガス、ブロッコリー、そしてカリフラワーに多く含まれているようです。こちらもまた時期のもので、スーパーでもひんぱんに見かけますので、比較的手に入りやすいのがいいですね。

細かく切れば切るほど体への吸収率がアップするようです。そのまま水で煮てしまうとどうしてもその効用が流れてしまいますので、そのままスープにするのもいいようです。

またナスにも「ナス二ン」という名のポリフェノールは、抗酸化作用やがん予防に優れているようです。動脈硬化の予防にもなるそうです。

特にナスの皮部分に多く含まれていると聞き、私はナスは皮をむかずに炒め物にすることが多いです。

ナスは油と高相性で、どうしても炒めると油をたっぷりと吸うので、今まで私は油の摂取率も気になっていたのですが、その「ナスニン」の流失を防ぐ方法が油だと聞きました。野菜は身体を作るといいますが、ガン予防にもなるこれらの野菜をいっぱい食べようとレシピをいろいろ考えています。

>>癌予防になるフコイダンサプリメントの口コミは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です